JALのマイルがたまる!ジャルパックハワイオプショナルツアーWebショップ【詳細・お申込みはこちらをクリック】

ハワイ島あれこれ#7

スポンサーリンク
癒す ハワイ島
【旅行前検査プログラム&イゲ知事からのメッセージ】

ハワイアンネネはハワイアンガチョウとも呼ばれています。起源はカナダのガチョウであると考えられています。最近のDNA分析では、カナダから進化したネネが約500,000年前にハワイ諸島に到着したことが示されています。ネネはハワイに飛んで、カナダに帰ることはありませんでした。ネネはハワイの天気を愛していたに違いありません。

ネネは1957年にハワイ州の鳥になり、その時ハワイはアメリカ合衆国の領土でした。ハワイは1959年にアメリカの州となりました。

「ネネ」は、鳥のやわらかい鳴き声に由来しています。

ネネは、オアフ島(あまり多くないです)、ハワイ島(500羽)、マウイ島(400羽)、モロキニ島(8,100羽)、カウアイ島(1,500羽)の野生でのみ見られます。これらは概数です。

ネネは、1850年から1900年の間に激減しました。今日でもネネは、マングース、犬、猫、野生の豚に脅かされています。

ハワイ出身のハワイ人による狩猟もあり、激減しました。

ネネは24年間飼育下で長く生きることができます。野生では約8年です。

ネネは草食動物です(植物を食べるだけで植物からエネルギーを得る動物です。多くの草食動物には、草を含むあらゆる種類の植物を消化させる特別な消化システムがあります)。ネネはまた、草や低木の葉、種子、果物、花を食べます。

ネネは、41 cm(16インチ)の中型のガチョウです。彼らはほとんどの時間を地上で過ごします。   

彼らの生息地は岩が多く、まばらに植生された高い火山斜面です。通常は水の近くでは観測されませんが、牧場の池やゴルフ場の池などがあれば泳ぐことができます。ネネは草やベリーで水分補給の必要量のほとんどを得ることができるので、淡水をあまり必要としません。彼らは茂みの下や溶岩の割れ目やクレバスに綿毛の巣を隠していました。 

ネネは移住しません。彼らは通常、彼らが住んでいる島の境界内でのみ移動します。 

ネネは野生のガチョウの中で最も長い繁殖期を迎えています。彼らは6月から8月の間​​、または本質的に一年中いつでも交尾します。繁殖期は11月、12月、1月です。 

かつて生き残らなかった「巨大なハワイのガチョウ」の種がありました。鳥の身長は約4フィート、体重は20ポンドでした。

英国の野生生物と湿地は、ハワイのガチョウの個体数を回復させるのに役立ち、このプロジェクトを60年以上にわたって率先して行ってきました。島の保護は1994年に設立され、1997年に国際的な非営利団体としての地位を確立しました。この組織は、ハワイ島から侵略的な捕食者を排除し、ネネが安全に住めるよう支援しました。ホノルル動物園協会は、ガチョウの繁殖を続けているだけでなく、彼らとハワイの野生生物の多くについて一般の人々に教育しています。

Village girl