JALのマイルがたまる!ジャルパックハワイオプショナルツアーWebショップ【詳細・お申込みはこちらをクリック】

ハワイ島あれこれ#12

スポンサーリンク
癒す ハワイ島
【旅行前検査プログラム&イゲ知事からのメッセージ】

ハイビスカスはもともと、モーリシャス、マダガスカル、フィジー、ハワイ、そして中国またはインドの原産植物でした。ハイビスカスの花は女性的であることを象徴し、完璧な妻または完璧な女性を表します。女性への贈り物としてハイビスカスの花を贈ると、贅沢さなどの特徴を表します。ハイビスカスの花を誰かに贈ることは、もらった人の美しさと繊細さを認めることを意味します。世界には200種のハイビスカスがあります。中国のハイビスカス(チャイナローズ)、ハワイアンハイビスカスなどが有名です。ハイビスカス(ブッソウゲ)の正確な起源は不明です。中国、日本、太平洋の島で長い間栽培されてきました。熱帯のハイビスカスは、さまざまな色で華やかな花を咲かせ、寒い気候帯に生息している場合、冬の間は観葉植物として保管されます。

 

ハワイ、マレーシア、フィジーの人々の文化や宗教的伝統にハイビスカスを取り入れることは非常に特別なものでした。ハワイは20世紀にハイビスカスを育て始め、ハイビスカスのハイブリッドは人気が高まっています。

 

ハワイでは、ハイビスカスは「古い王族」の力と尊敬を象徴しています。薬用に最も人気のあるハイビスカスの花は、「ハイビスカスサブダリファ」と呼ばれる赤い花で、栄養補助食品としても使用されます。ハイビスカスが開花して落ちた後、種子は鞘(花のカップ型の中心)に保持され、次の鞘に変わります。

 

ハイビスカスの花は治療にも使用されます。エジプトではハイビスカスティーを使用して体温を下げ、心臓や神経の病気を治療しました。アフリカでは、便秘、癌、肝疾患、風邪の症状を治療するためのものでした。イランでは、ハイビスカスティーは高血圧の治療薬でした。今日における、ハイビスカスティーと植物エキスは、血圧とコレステロール値の低下に使用されています。現代の研究では、ハイビスカスは将来の心臓病治療のための良い薬になり得ます。アントシニンと呼ばれるハイビスカスの要素は、抗がん作用の鍵を握る可能性があります。ハイビスカスティーとエキスは、健康食品店で栄養補助食品として購入できます。

Mahalo,

Village Girl