JALのマイルがたまる!ジャルパックハワイオプショナルツアーWebショップ【詳細・お申込みはこちらをクリック】

ハワイ島あれこれ#33

スポンサーリンク
癒す ハワイ島

アンスリウムはハートの形をしておりホスピタリティと長続きの特性を象徴しています。アンスリウムは年間を通じて栽培可能で、「ハワイの中心」として知られています。品種は遺伝子組み換えで、ナチュラルミックスは白、ピンク、緑、赤、そして「おばけ(Obake)」と呼ばれる多色です。

オーストリアの植物学者は彼自身の名前にちなんで最初の種を「Anthurium Scherzenianum」と名付けました。

1936年はハワイにとって重要な年でした。「Ozaki」はヒロ産でアンスリウムの花の中で最も売れた品種でした。

1993年、ハワイ大学から最初に特許を取得したアンスリウムであるカルパナアンスリウムが解放されました。アンスリウムは、キラウエア火山からの溶岩流によって破壊された壮大な黒い砂のビーチにちなんで名付けられた花です。

蘭には20,000種以上の種があります。蘭は2億年近く前からあったとされています。蘭は暖かい熱帯気候で成長し、湿度がを好みます。実際にはアジア、オーストラリア、ヒマラヤ、フィリピンの熱帯地域に自生しています。

蘭は愛、贅沢、美しさ、強さ、男らしさを表しています。蘭は絶滅危惧種に分類されます。

ほとんどの蘭は夏に成長し、秋、冬、または春に開花します。

ハワイ島は「オーキッドアイル」とも呼ばれています。この物語は、生産者が「火山国立公園」の蒸し火の溶岩噴火口に向けて危険な道を歩き、ラベンダーの色合いで「アルンディナグラミフォリア」とも呼ばれる珍しい美しい「バンブーオーキッド」に出会い、甘い香りを出したことを物語っています。

Village Girl