JALのマイルがたまる!ジャルパックハワイオプショナルツアーWebショップ【詳細・お申込みはこちらをクリック】

ハワイ島あれこれ#45

スポンサーリンク
癒す ハワイ島
【旅行前検査プログラム&イゲ知事からのメッセージ】

ブーゲンビリアは学名としてイタチ科とも呼ばれています。ハワイではとげから「プアケパラ」または悪魔の花と呼ばれています。

ブーゲンビリアは、乾燥した熱帯の海抜3000フィートでよく育ちます。ブーゲンビリアは、紫、赤、オレンジ、ペパーミント、黄色、白になります。

茎は22フィート成長できます。ブーゲンビリアは南アメリカ原産で、グアムの花です。

ブーゲンビリアは「完璧な花」と見なされています。

ブーゲンビリアの樹液は有毒ですが、葉は有毒ではありません。植物に刺された場合、皮膚の発疹が出ることがあります。

ブーゲンビリアは毎日5時間の直射日光を必要とし、3週間または4週間以内にそれを確立したら水を与えます。ブーゲンビリアは、1768年にブラジルで発見したフランスの航海士にちなんで名付けられました。1827年、父アレクシスジョンオーガスティンバチェロが植物をホノルルに連れてきました。

ホワイトジンジャーは、ヘディキウムコロナリウム、ホワイトガーランドユリ、バタフライジンジャーとも呼ばれます。ホワイトジンジャーは19世紀に島に輸入されました。

ホワイトジンジャーは、香水や美容製品に使用されています。ホワイトジンジャーはキューバの観葉植物であり国花です。白ショウガの根茎は食用であり、薬効があります。

ハワイでは、白い生姜はハワイアンアワプヒケオケオと呼ばれています。

白ショウガは真夏から晩秋にかけて多くの花を咲かせます。開花ショウガ科には1000種があります。

Village Girl