JALのマイルがたまる!ジャルパックハワイオプショナルツアーWebショップ【詳細・お申込みはこちらをクリック】

ハワイ島あれこれ#55

スポンサーリンク
食べる ハワイ島

ビッグアイランドキャンディーズは、ヒロにあるアランとイルマイカワが所有する2.5エーカーの敷地に建てられています。40年前の1977年、アランとイルマは、ヒロ工業の小さな倉庫で生産を行うチョコレートとシュリンクラップマシンだけでビッグアイランドキャンディーズを開業するために必要なすべてを投資しました。

日本のおみやげを贈るというコンセプトで、どんな商品を作っても見栄えが良く、他の人に幸せをもたらす必要があります。製品は今でも献身的な従業員の家族によって誇りを持って作られています。

ビッグアイランドキャンディーズは1977年に設立されたショートブレッドクッキーの本拠地です。毎日09:00〜17:00まで開いており、オンラインで注文するためのカタログとウェブサイトがあります。

アランのチョコレートに浸したドライ製品のコンセプトは新製品であり、その特徴は「ハワイアンダキネス」と呼ばれ、その1つの製品はチョコレートに浸したイカです。

 

 

またヒロのプアイナコにKTAスーパーストアーズが1966年にオープンしました。KTAの背後にある歴史は、1916年にコイチと谷口がヒロに最初の「ママとポップ」ストアをオープンしたときに始まりました。コイチと谷口は自転車で砂糖農園の労働者に食料品を配達しました。1941年に2番目の店がヒロベイフロントにオープンしました。

Village Girl