JALのマイルがたまる!ジャルパックハワイオプショナルツアーWebショップ【詳細・お申込みはこちらをクリック】
ハワイ州知事デイビッド・イゲからのメッセージ

ホノルルマラソン 2020

スポンサーリンク
世界的に有名な観光先ハワイの動画
おすすめ

アロ〜ハ♫

皆さまお元気ですか?ハワイでは6月30日まで”可能な限りの自宅待機を求める「自宅での安全命令」に変更になり、徐々に規制が緩和されています。

今回は、12月13日に開催される「ホノルルマラソン」のお話です。
1973年12月16日に167名の参加者でオアフ島の公認マラソンとしてスタート。
ジャック・スキャッフという心臓病の医師が、LONG SLOW DISTANCE(長距離をゆっくり時間をかけて走ること)は心臓病の予防にも効果的であると、「ホノルルマラソン協会」を設立。その後JALがメジャースポンサーにつき、今年で48回目です。

当日は、午前5時、スタートガンの合図とともに打ちあがる色とりどりの大きな花火の中、マラソン、10Kラン&ウォーク合わせて3万人を超える人が一斉にスタートします。本気で走る人、ウォーキングする人、おしゃべりしながら歩く人、ベビーカーを押しながら走る人、皆さんマイペースに楽しんでいます。

クリスマスイルミネーションに彩られたダウンタウンでテンションが上がり、ワイキキに突入!ボランティアの人も底抜けに明るく、本気で応援してくれます。その中を走れるのは本当に感動です。10キロを過ぎたらダイヤモンドヘッド付近の美しい日の出など、魅力満載のコースをそれぞれのペースで楽しめます。1位の選手はもう戻ってきます!!

マラサダのご褒美が待ってますよ♡

ホノルルマラソンは抽選もなければ制限時間もありません。7歳以上でしたら誰でも参加可能!自分の速さで何時間かかってもいいんです。昨年の最終ランナーは、72歳と41歳の日本人女性でした。朝5時にスタートして、ゴールは夜10:30pm ナント17時間30分歩いたんですよ〜!こんなレースはホノルルだけ!しかも、ゴールには沢山の人が待っていて、テープカットもしてくれます。私はこのニュースを翌日の新聞で知り、感動のあまり涙が止まりませんでした。私も負けてはいられません(笑) 今年こそフルマラソンに再挑戦です!是非 皆さまも私と一緒にスタートラインに立ちませんか?

JALパックは全面的に皆さまをサポートいたします!

SUN☀️