JALのマイルがたまる!ジャルパックハワイオプショナルツアーWebショップ【詳細・お申込みはこちらをクリック】

ハワイの英雄 デューク カハナモク氏

スポンサーリンク
Duke Paoa Kahanamokuヒストリックガイド
Duke Paoa Kahanamoku
【旅行前検査プログラム&イゲ知事からのメッセージ】

ワイキキのクヒオビーチで、青い海と大きなサーフィンボードを背に太陽の光をいっぱい受けて両手を広げて建っている銅像があります。彼の名はデューク パオア カハナモク Duke Paoa Kahinu Mokoe Hulikohola Kahanamoku です。

デューク パオア カハナモクは1890824日生まれで、両親と9人兄弟(5人の兄弟、3人の姉妹)でワイキキの近くに住んでいました。100%純血のハワイ人だった彼は母親から「決して水を恐れず、できるだけ遠くまで行ってごらんなさい」と言われて育ちます。

1901年にワイキキで最初のホテル、モアナサーフライダーが開業されると、ワイキキには観光客が訪れるようになりました。彼はサーフィンやカヌーなどを指導したり水難事故から人々を救う「ワイキキビーチボーイズ」の創始者の1人となります。

1911年のことです。ハワイでアマチュアの水泳競技会に出場したデュークは世界記録を大きく破り、人々を驚かせます。

そして翌1912年、デュークはストックホルムオリンピックに出場します。いつも海で泳いでいた彼はたちまち実力を発揮して水泳の100m自由形で金メダルを勝ち取り、団体でも銀メダルを獲得します。

ハワイの人々の英雄となったデュークがホノルルに帰ってきた時には何千人もの人が出迎えました。

第一次世界大戦のためベルリンオリンピックは中止されますが、1920年のアントワープ、1924年のパリのオリンピックに次々に出場して、その真価を見せつけます。生涯で水泳で3つの金メダルと2つの銀メダルを獲得しました。

Waikiki Beach 1940’/ displayed at Moana Surfrider Hotel

当時、ハワイはハワイ王朝が終わりを告げている時代で新しく西洋の文化や信仰、風習がどんどん取り入れられて行き、伝統文化でもあるフラダンスやサーフィンなどが宗教上の理由で弾圧を受けていました。

世界記録を樹立したことでデュークの名は国際的に知られるようになります。彼は水泳選手としてアメリカ本土やオーストラリアなどに招待されます。その時にサーフィンを実際に人々の目の前で披露しました。サーフィンの技術を教え、波に乗る魅力と素晴らしさを次々と広めて行きます。

こうして世界中でサーフィンが親しまれるようになり、デュークは「近代サーフィンの父」と呼ばれるようになります。

Displayed at Moana Surfrider Hotel

1932年、42歳の時、水球の競技でロサンゼルスオリンピックに出場して銅メダルを獲得します。

引退後はロサンゼルスで俳優とし活躍し、サーフィンをさらに広められる人々とも交流を深めて行きます。

Displayed at Outrigger Waikiki Hotel

1934年からホノルル市の保安官を26年に渡り務め、ホノルルの治安を守り、晩年はハワイ親善大使(アロハ大使)としてハワイを訪れる人々を暖かく迎える仕事をします。1968年に77歳でその生涯を閉じますが、彼の名はその後も永遠に語り継がれています。

Beach Boys around 1937/Displayed at Moana Surfrider Hotel

ワイキキビーチの銅像は1990年、デュークの生誕100周年の記念にこれまでの彼の功績を称えて建てられたものです。2020年の東京オリンピックでは初めてサーフィンがオリンピック競技に加えられることになりました。

ハワイの英雄、デュークはこのワイキキから世界に向けて素晴らしい贈り物を運んでくれました。

デュークの言葉を一つ紹介します。

“Just take your time – wave comes. Let the other guys go, catch another one”

急がないで、波はやってくる。大丈夫、他に行かせて、君は君の波に乗ろう。

MOMO🌈

(2021年2月に撮影しました)